1.趣   旨  スポーツ振興基本計画では到達目標として,2010年までに各都道府県において,少なくとも1つは広域スポーツセンター(以下「広域SC」という。)を育成することとし,広域SCが備えるべき機能として,「総合型地域スポーツクラブ(以下「総合型クラブ」という。)の創設,育成及びクラブマネージャー等の育成に関する支援」,広域市町村圏における「トップレベル競技者の育成,スポ-ツ情報の整備・提供及びスポーツ交流大会の開催」及び「地域のスポーツ活動に対するスポーツ科学・医学・情報面に関する支援」などを掲げている。
 このように,広域SCには,総合型クラブの創設・育成支援機能に加えて,地域のスポーツ活動全般を効率的,効果的に支援する機能の充実が求められている。
 しかしながら,現在,広域SCの多くは,総合型クラブの創設・育成支援の取組みを中心的に実施していることから,本事業は,広域SCによる地域における競技水準の向上に関する支援等を行うことにより,地域のスポーツ活動の中心として,スポーツ活動全般を効率的に支援できるよう広域SCの機能の強化,充実を図るものである
2.事業委託先 上記の事業については,「広域スポーツセンターを設置・運営している都道府県教育委員会等」に委託する。
①都道府県広域スポーツセンターを設置・運営している都道府県教育委員会又は都道府県
②都道府県広域スポーツセンターを運営している公益法人
3.委託期間 3年間(当該年ごとの予算の状況で変更する場合がある。)
4.事業主体 公益財団法人宮城県体育協会
5.事業内容 【地域におけるトップレベル競技者の育成支援】

地域の特性(地元で盛んな競技)と地域資源(地元のトップレベル・スポーツクラブ,大学および企業チーム等との連携)に応じた地域の競技水準を向上する取組みを実施する。
・地元企業・大学のアスリートが総合型クラブの活動に出向いて技術指導(年10回程度)
・企業・クラブ・事務局を一堂に会し,実施内容を振り返る(育成評価委員会の開催) 
6.本事業の期待
  される効果
・企業,大学と地元のスポーツ振興に大きく貢献し,スポ-ツを通じて人と人とのつながりを強固なものにする。将来的には地元で育った選手を雇用に結び付けることができるように継続的に事業を行えるような土台を作る。
・企業等トップレベル選手の指導に刺激され,競技力の向上に繋がる。
7.事業実施団体 平成24年度 事業実施連携団体
バドミントン ソフトテニス ボート サッカー
企業、大学 七十七銀行株式会社 セントラル自動車株式会社 アイリスオーヤマ株式会社・仙台大学 ソニー株式会社
クラブ等 NPO法人泉パークタウンSPO&COMクラブ しわひめスポーツクラブ
黒川郡内中学校
スポーツコミュニケーションかくだ マリソル松島スポーツクラブ

8.事業風景
ソフトテニス ボート サッカー バドミントン
            ※ 各競技名をクリックすると詳細がご覧になれます。
  
  お問い合せ先
 〒980-0011 仙台市青葉区上杉1丁目2-3 宮城県自治会館3階
           TEL 022-726-4211 / FAx 022-726-4212
           E-mail : info@miyagi-taikyo.or.jp
 

 
Copyright© Miyagi kouiki sports center All Rights Reserved.